スポンサードリンク


不動産投資には、様々な知識が必要です。税金対策、賃貸トラブルなど、不動産投資に必要な情報を私なりの視点で集めたサイトです。

不動産投資の始め方

不動産投資の始めたからから、税金や賃貸の始め方まで。不動産にまつわる情報を集めたサイトです。

不動産投資の始め方カテゴリー項目一覧

不動産投資

不動産業界における不動産投資の倫理性 不動産投資にかかる不動産

競売物件

不動産競売の物件処理 不動産における競売と物件

アパート、マンション探しのコツ

不動産とアパートとマンション探しのコツについての考察 不動産入門、アパートとマンション探しのコツ

賃貸契約の注意点

不動産における賃貸契約の注意点の第三点目以降 不動産における賃貸契約の注意点

土地家屋調査士

不動産における土地家屋調査士 不動産における土地家屋調査士

不動産取得税

不動産取得税 不動産取得税

不動産担保ローン

不動産担保ローン 不動産担保ローン

土地評価

土地評価の方式 土地評価

土地区画整理法

土地区画整理法の実際 土地区画整理法

不動産相続

不動産相続と相続税 不動産相続と相続税

土地売却税

土地売却税の納付 土地売却税

建築基準法

建築基準法の意義 建築基準法

不動産登記

不動産登記法 不動産登記

資格と試験の不動産

不動産関連の資格試験 不動産関連の資格試験の種類

不動産投資信託

不動産投資信託の始め方 不動産投資信託

不動産鑑定士

不動産鑑定士試験 不動産鑑定士

不動産賃貸仲介業

不動産賃貸仲介業者の選び方 不動産賃貸仲介業者

リンク集

お勧めリンク集2 お勧めリンク集1

プライバシーポリシー

クッキーおよびWebビーコンについて クッキーの無効化と有効化


不動産投資の始め方のおすすめ!

不動産賃貸仲介業者の選び方



不動産賃貸仲介業者の選び方について、知っていますか?

不動産を売ったり、買ったり、借りたり、貸したりする場合、不動産賃貸仲介業者を仲介すると手数料が必要になります。


ただ、契約がスムーズに進みます。

ただ、不動産賃貸仲介業者によって力を注いでいる業務というのは、違いがあるので、不動産賃貸仲介業者選びには注意が必要です。


不動産賃貸仲介業者を、二つに分けることができます。

不動産のオーナー寄りの元付け業者と、買い手・借り手寄りの客付け業者です。


当然、両方の業務をしていることもあります。

これらの特徴は、次のとおりです。


元付け業者は、地元との繋がりが強い不動産賃貸仲介業者などのことです。

物件に詳しいだけではなくて、周辺の地理や環境に詳しいです。


大家とも親しい人が多いので、物件の契約を結ぶだけではなくて、管理なども任されている人が多いです。

住居を借りるときは、このタイプの不動産賃貸仲介業者を頼るのがベターかもしれません。


安心なだけではなくて、家賃の交渉などもやりやすいです。

客付け業者の場合、駅前などの人通りの多い場所に店舗があることが多いです。


そのために、初めて土地にやって来た人にとっては、入りやすいかもしれません。

このタイプの不動産賃貸仲介業者は、広い範囲の不動産の情報を知っています。


接客にも力を注いでいるので、相談がしやすいかもしれません。

ただ、エリアが広いために、物件の詳しい部分は、あまり知らないことが多いです。


住む場所がきっちりと決まっていない場合や、大家や地域などの関係をドライでいたい人には最適かもしれません。

不動産投資の始めたからから、税金や賃貸の始め方まで。不動産にまつわる情報を集めたサイトです。


不動産投資の始め方 Pick Up!



不動産賃貸仲介業者について、ご存知ですか?

不動産賃貸仲介業者とは、不動産業者といわれる職業のことです。


不動産屋のことを、不動産賃貸仲介業者というわけです。

不動産賃貸仲介業者は、不動産を貸したり、借りたりする場合の仲介する業務のことです。


不動産賃貸仲介業者は、賃貸物件を持っている人から物件を預かって、広告などを使って借りる人を募集します。

これによって借りる人が見つかったところで、賃貸借契約を結んで、支払われる仲介の手数料が、不動産賃貸仲介業者の収入になります。


仲介料というやつです。

不動産賃貸仲介業者は、賃貸借を仲介するだけではなくて、売り買いの仲介もしています。


不動産賃貸仲介業者といっても、貸す側の事情をよくしっている元付け業者と買う人を重視している客付け業者などがあります。

この両方をする業者もいます。


そのために、不動産に関係する方法によって、不動産賃貸仲介業者を使い分けるようにしなければなりません。

大半の人は、借りる側ということでしょうか。



不動産鑑定士のことを、知っていますか?

不動産鑑定士試験は、国土交通省がやっている国家試験です。


不動産鑑定士試験になるのは簡単なことではありません。

受験資格に関しては、特別何もありません。


学歴や年齢は関係ないので、実力があれば受かることができる試験です。

不動産鑑定士試験は、2006年度から制度が変化したようです。


短答試験と論文試験の二つの試験を受けることで、合格か不合格かが決まる仕組みになっています。

試験をしているのは、年1回で、5月(中旬の日曜日)に短答式、8月(第1日曜日を含む土~月曜日の3日間)に論文式の試験が行われています。


不動産鑑定士の試験会場に関しては、次のような場所で行われています。

短答式:北海道、宮城県、東京都、新潟県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、沖縄県


論文式:東京都、大阪府、福岡県

短答式試験に合格したけど、論文式試験に落ちてしまったとしても、二年間だけは、短答式試験が免除されます。


不動産鑑定士の試験内容に関しては、次のようなことが行われています。

短答式:不動産に関係している行政法規不動産の鑑定評価の理論についてです。


各120分、各40問で行われていきます。

論文式:不動産の鑑定評価に関する理論(240分、大問4問)、民法会計学経済学(以上各120分、各大問2題)、不動産の鑑定評価に関する理論(演習科目)(120分)


論文式試験に関しては、実質半日を費やすことになります。



不動産鑑定士って、どんなものか知っていますか?

不動産鑑定士とは、不動産に関係している国家資格のことです。


司法試験・公認会計士とあわせて、3大国家試験といわれています。

不動産鑑定士国家試験は、国土交通省が行っています。


試験は当然、難しいのですが、合格した場合、国土交通省の不動産鑑定士の名簿に登録されることになります。

これによって不動産鑑定士として、事務所を持つことができます。


不動産鑑定士の基本的な仕事は、次のとおりです。

不動産の権利関係を確認するために登記簿の閲覧と資料作成、法律に基づく不動産の鑑定評価、不動産の取引・利用・投資などに関係する相談の受付などです。


不動産鑑定士の就職先としては、信託銀行や不動産会社、不動産鑑定所などが含まれます。

最終的な道としては、独立することで、事務所を持つようです。


いきなり事務所を持つ人はいないようで、じっくりと経験を積んでから立てる人が多いようです。

不動産鑑定士はなるのが難しいので、将来性が高い職業です。


不動産に関係している仕事を考えている人には、ピッタシの資格です。



不動産投資信託の始め方とは、何か?

不動産投資信託というのは、投資する対象が不動産の投資信託です。


投資口が小口化されているので、不動産投資信託は不動産を投資しようと思っているが、大きなお金を集められない人にピッタシの投資方法です。

日本にある不動産投資信託としては、日本ビルファンド投資法人、ジャパンリアルエステイト投資法人などの会社があります。


これらは上場されている企業です。


日本ビルファンド投資法人:http://www.nbf-m.com/nbf/

ジャパンリアルエステイト投資法人:http://www.j-re.co.jp/


不動産投資信託は、基本的に一口は、40万円~50万円だといわれています。

これくらいの金額であれば、あまり敷居が高くないので、不動産投資もやりやすいかもしれません。


不動産投資信託のメリットは、配当金の利率の高さです。

また、安定もしているので試しに、不動産に投資してみたいと考えている人は、一口から始めてみましょう。